スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
風花/川上弘美
川上 弘美
¥ 1,470
(2008-04-02)
内容紹介
日下のゆりは33歳。システムエンジニアの夫の卓哉と結婚して7年。平穏な日々が、夫に恋人がいるという一本の電話で破られる・・・。何気ない日常の中で、色あせてゆく愛を描く長編恋愛小説。


川上さんの長編恋愛小説と聞いて、前作「真鶴」みたいなのかな〜それとも「古道具中野商店」系かな〜と想像するでもなく漠然と思っていたら、どちらかというと「夜の公園」系だった。

主人公のゆりとは、年も近い。同じ女性だし既婚だ。けどちっとも感情移入はできない。いや、川上さんの描く登場人物で感情移入ができる方が稀なんだけど。
最初は読み辛く、なかなかページも進まなかった。でも、読み進めていくうちに、「ああ、コレなんとなくわかるなぁ」と思うところが増えてきて、楽しさを感じるようになった。まぁそれでものゆりには最後までなんか腹立たしい感じが残るんですが。

とにかく色の無さというか薄さ?ほんのり灯るような色づけ具合は、さすがに川上作品!と言う感じで、その作品の雰囲気はとても楽しめたのではないかと思います。無色透明ではない、くすんだ感じの中に時折ぽっと優しい色を感じました。
そして、柔らかさ。柔軟性とは違う、ぐにゃっというかふにょっというか…。文章を触感であらわす事ができるとは。何か変な感じですが(^-^;
読書(川上弘美) comments(0) trackbacks(0)
ニシノユキヒコの恋と冒険/川上弘美
内容(「BOOK」データベースより)
ニシノくん、幸彦、西野君、ユキヒコ…。姿よしセックスよし。女には一も二もなく優しく、懲りることを知らない。だけど最後には必ず去られてしまう。とめどないこの世に真実の愛を探してさまよった、男一匹ニシノユキヒコの恋とかなしみの道行きを、交情あった十人の女が思い語る。はてしなくしょうもないニシノの生きようが、切なく胸にせまる、傑作連作集。


収録作品:パフェー/草の中で/おやすみ/ドキドキしちゃう/夏の終わりの王国/通天閣/しんしん/まりも/ぶどう/水銀体温計



再読。初読は今年の最初。つわり中に読んだと思う。

ニシノユキヒコのような人を知っている。・・・ようなひと、と言っても実際にニシノユキヒコのようなのかはわからない。以前の会社にいた人だ。

彼は、この表紙のような色のシャツをよく着ていた(つまり普通はあんまり着ない色)。
彼は、ニシノユキヒコのように姿がよいわけではない(と私は思う)。
彼は、なんとなく世渡りがうまかった。
彼は、どうしようもないオトコだった(と思う)。

実際のところがわからない割には、私は明確に「ニシノユキヒコ」をこの「以前勤めていた会社にいた彼」のイメージで読んだ。だから、ニシノユキヒコのどうしようもなさや、しょうもなさ、それでいて女の子達を惹きつけてやまない魅力、みたいなものがはっきりと感じられた。あの「以前勤めていた会社にいた彼」に感謝である。
(ちなみにその人に思いを寄せていた、とか寄せられていた、とかそんな楽しいエピソードは一つもありませんでした。)

それにしても、この短編集の収録作品のタイトルも素晴らしい、と思う。小川洋子さんの「」でも「言葉のセンスは格別だ」と褒め称えているけれど、川上さんの選ぶことばたちも独自のセンスで目を引く。

「パフェー」「おやすみ」「まりも」が好き。
私も彼女達のような女性になりたいな、と思わせてくれる語り手たちだ。
読書(川上弘美) comments(0) trackbacks(0)
真鶴/川上弘美
川上 弘美
文藝春秋
¥ 1,500
(2006-10)
失踪した夫を思いつつ、恋人の青茲と付き合う京は、夫、礼の日記に、「真鶴」という文字を見つける。“ついてくるもの”にひかれて「真鶴」へ向かう京。夫は「真鶴」にいるのか? 『文学界』連載を単行本化。



揺らぐ。
思いや、決意や、感情や、愛情や、実像や、現実、肉親までもが、すべて揺らぐ。
安定しない。

先ほど肯定されたものが、すぐに翻される。
否定されたものが、容易に受け入れられる。

危うい。
何もかもが、危うく感じられる。

それなのに、なぜか地に足の着いた安心感も伴う、不思議な読感だ。

この中で、子供に対しての記述がある。
まさしく私の感じている事と一致して、そのうえこの本を読み終えてすぐに第二子の妊娠が発覚した。


思い出深い1冊となった。
読書(川上弘美) comments(0) trackbacks(0)
古道具 中野商店/川上弘美
川上 弘美
新潮社
¥ 1,470
(2005-04-01)
再読。3度目ほどか。

私は川上弘美さんをこの作品で知ったはずだ。
タイトルにひかれて読んだ覚えがある。

古道具 中野商店

なんとも物語を期待させる、いいタイトルではないか。
そして、私の期待していた方とは違う方向に、心惹かれることとなったのだ。
私は、例えば「古道具 中野商店」にやってくる一風変わった客やいわくありげな品物たちの物語だと思っていた。ひとつひとつの品物の来し方行く末なんかを扱う物語なのかな、もしかしたら不思議な店で用のある人しか入れない系かも・・・なんてだんだんミステリアスに想像を膨らませた私。

こういう場合、大抵読後は「・・・・ふうん」で終わる。
しかし、川上弘美作品を知らなかった私は「こんなのかく人なんだ!!!」とドはまりしたものだ。(今ではほとんどの作品を読み終えた)


なんというか、ゆるい。
かといってゆるみっぱなしというわけでもない。
のびたり縮んだり、と言う表現が出てきたが、まさにそんな感じで時間とか空間とかがわからなくなる。

この読後感は川上弘美さんならでは。
3回目でもとても楽しめた。
読書(川上弘美) comments(0) trackbacks(0)
東京日記 卵一個ぶんのお祝い。/川上弘美(エッセイ)
4582832822東京日記 卵一個ぶんのお祝い。
川上 弘美

平凡社 2005-09
売り上げランキング : 129662

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




川上さんの描く世界観そのものの生活。





川上さんのウソ日記「椰子・椰子」とよく似た、でもだいたい本当の日記。

何も考えずに頭を空っぽにして読むのがよろしい。

そして時々ぷっと笑う。
読書(川上弘美) comments(0) trackbacks(0)
光ってみえるもの、あれは/川上弘美
4122047595光ってみえるもの、あれは
川上 弘美

中央公論新社 2006-10
売り上げランキング : 5842

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




あっさりするする読めそうだ、と思ったわりに読むのに時間がかかったのはなぜだろう?



主人公が少年だったせいもあってか、読んでいる最中川上弘美さんの作品だと言う事を忘れてしまっていた。

こんなにも情景や人物像が目に浮かぶような物語は川上作品では初めてかもしれない。今まで読んだ中でははっきりとした「この人物はこういう顔」的なものがなく、曖昧模糊とした人物が多かったように思う。

それがよいとか悪いとかではなく、新鮮な感じだったな。
読書(川上弘美) comments(0) trackbacks(0)
いとしい/川上弘美
4344400062いとしい
川上 弘美

幻冬舎 2000-08
売り上げランキング : 25638

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




登場人物たちがかもし出すもの、漂う雰囲気を楽しむ物語。



つらつらと誰になりきることもなく読んだ。

今まで読んだ川上作品のどれにも似ててどれにも似てない不思議さがある。

なんでだろう?と思ったけど、きっと長編ながら今まで読んだ「短編的要素」が多分に含まれているせいではないだろうか?長編を読んだ感じがあまりなく、短編集を読んだ後のような気持ち。
読書(川上弘美) comments(0) trackbacks(0)
おめでとう/川上弘美
4104412015おめでとう
川上 弘美

新潮社 2000-11
売り上げランキング : 344707

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


目次:いまだ覚めず

どうにもこうにも

春の虫

夜の子供

天上大風

冬一日

ぽたん



冷たいのがすき

ばか

運命の恋人

おめでとう





青春の1ページとかでは全然ないけど、なんとなく切なくなったり、嬉しくなったりする。どこか懐かしさを感じる作品が多かった、川上弘美さんらしさ全開の短編集。





川上さんの作品は、異次元と言うほど遠くない・けど日常と言うには奇異な、そんな「隣人の生活」的な(近くにあるのにきちんと知ることはない。それはあくまで想像。)不思議感に満ち溢れている。

・・・満ち溢れている、というほどパワフルではない。したたっている、とかちょっと漏れてる?程度の貧乏くささみたいなものもある。雨漏り?

そして言葉の選び方が秀逸である。老人臭が漂ってきそうな、たんすの匂いを思い出すような。それがたまらなくいい。

さっきから全然ほめてないみたいだけど。。。スイマセン、本当にすきなのですよ。



「天上大風」のあの感じ、「冬一日」の二人の関係がよかったな。

「川」がじんときた。いつかの自分のような、いつかの好きな人のような。痛い、あの感じを思い出す。
読書(川上弘美) comments(0) trackbacks(1)
ざらざら/川上弘美
483871694Xざらざら川上 弘美 マガジンハウス 2006-07-20売り上げランキング : 5417Amazonで詳しく見る by G-Tools




川上弘美さんの短編の中では一番のオススメとなったこの作品。

まず、読みやすい。そしてちゃんと川上弘美さんの世界が広がっている。

あやういところもあるし、堅実さを感じさせるところもある。

冷たいようでいて包み込まれるような感もある。

これは、よかった。
読書(川上弘美) comments(2) trackbacks(0)
夜の公園/川上弘美
4120037207夜の公園
川上 弘美

中央公論新社 2006-04-22
売り上げランキング : 6539

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




はまっているとしか言いようのないくらい、川上弘美さんの本を読んでいる私だ。しかし、今回、いつもと様子が違う。文体も、物語としても。

村上春樹さんの「アフターダーク」を感じたのは、雰囲気からだろうか?

すごく物語が動いていても、なぜか「どうということもない」と感じるのはなぜだろう?
読書(川上弘美) comments(0) trackbacks(0)
: 1/2 : >>
現在読書中
entries
categories
comment
trackback
calendar
<< May 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
profile
powerd
mobile
qrcode
My family
びびこ
三十路手前の専業主婦。趣味は読書。
現在子供たちに悪戦苦闘の毎日。
旦ちゃん
子煩悩な旦那さん。
家族のため日夜仕事を頑張っている。
マメタロ
我が家の長男坊。
2005年9月生まれ。
慎重派で心優しい暴れん坊。
パピコ
我が家の長女。
2007年9月生まれ。
大胆不敵な大和撫子。


*script by KT*
gremz
ブログパーツUL5