スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
子どもがのびのび育つ理由 ニューヨークで見た子どもと大人のいい関係
内容紹介
兵藤ゆきさんがご主人の留学先の、ニューヨークに移住したのは1996年11月のことです。ほんの2年のつもりだったニューヨーク生活が、結果的に「彼は博士号課程(社会学)まで進んでいった」ため、11年に及ぶものになりました。
その間に、生後7ヶ月だった息子さんは11歳になりました。結果として、息子さんの基本的な人格が育つ時期にニューヨークで生活したことは、子育て初心者である兵藤さんにとって「目からうろこ」な日々の連続でした。
暮らしてみて驚いたのは、小さな子どもに対する街の人々の接し方。ニューヨークの人たちは、幼い子どもを連れた人にとても親切なのです。兵藤さんの出会った人たちは、人種や老若を問わず、そうでした。また、赤ちゃんを誉めてくれたり、お母さんである兵藤さんまで誉めてくれる人もいました。
ニューヨークの街で出会う子どもたちが、とてものびのびしているのも驚いたことのひとつでした。大人とまるで友だちのように話をして、自分の意見もはっきり言います。子どもなのに、まるで大人の雰囲気です。
赤ちゃんだった息子がニューヨークで学校生活を送ることになり、兵藤さんは身をもって日本とは異なる学校教育や親子の関係を体験しました。すると、のびのびした子どもたちの不思議の謎も自然に解けました。
本書は兵藤さんがニューヨークで体験した、のびのび子育てのエッセンスを綴ったエッセイです。子育てに関心のあるすべての人たちに、おすすめします。



この本を読んで、一番強く感じたメッセージは
「もっと気楽に、でももっと真剣に、子供と関わりあおう!」
ということ。

もっとゆったり構えていればいい、ありのままの自分を出せばいい。
だけど、子供の事をよく考えて、積極的に関わっていこう。
子供の事を認めてあげよう。
子供は自分の所有物ではない、一人の人間なのだから。

わかってるつもりだったんですがね…。
ああ、私「ボス・トーク」ばっかりだ〜と反省。
「○○しなさい!」「どうしてできないの!」のオンパレードはもうやめて、
ちゃんとマメやパピコの意見を思いを聞かなくてはいけませんね。
もっともっと深く関わっていかないとなぁ〜。

日本と米国。
根本的にちがうけれど、
この本の通りだとしたら心豊かに育つのは米国かも…と思っちゃいました。

それならいい所は真似しなくっちゃ〜ゆう★

兵藤ゆきさんのやさしい文章にも、なんだか癒されました♪
あまりこの手の本を読まない私ですが、
育児に倦んだ時、ちょっとした気分転換になるいい本でした。
読書(他) comments(0) trackbacks(0)
小説こちら葛飾区亀有公園前派出所
漫画「こち亀」の連載30周年を記念して出版されたノベライズ。
原作:秋本治
幼な馴染み/大沢在昌 池袋⇔亀有エクスプレス/石田衣良 キング・タイガー/今野敏 一杯の賭け蕎麦〜花咲慎一郎、両津勘吉に遭遇す〜/柴田よしき ぬらりひょんの褌/京極夏彦 決闘、二対三!の巻/逢坂剛 目指せ乱歩賞!/東野圭吾


京極師匠はさすがでした。一番のお気に入り。
次点、東野圭吾さん。なんというか、両さんのことよくわかってらっしゃる!

そう、この二人の作品は原作のイメージに忠実で、原作ファンにはたまらないんじゃないかなと思う。
それに比べると、石田衣良さんはもう少し原作にそって欲しかったかな。

キング・タイガー/今野敏
一杯の賭け蕎麦〜花咲慎一郎、両津勘吉に遭遇す〜/柴田よしき 
のお二方も結構好みでした。柴田さんの花咲慎一郎シリーズはちょっと読んでみたいなあ。

結論、やっぱり好きな作家さんはどんな題材で描かれても好きなんです、きっと!



読書(他) comments(0) trackbacks(0)
妖怪変化 京極堂トリビュート
西尾 維新,あさの あつこ,諸星 大二郎
講談社
¥ 1,260
(2007-12-14)
図書館の新刊コーナーで見つけて即借りてきました。
感想は・・・まぁそれなりに面白かったです。

しかし、キャラクターに関しては本家にかなうものはおらず少々物足りない感じかな。
当たり前って言えば当たり前、その方がほっとしたと言えばそうかもしれないけど・・・。
京極堂シリーズ自体外伝的なものがたくさん出ているので、これを他の作家さんが(京極夏彦の世界を壊さないように)描くのは大変だったでしょうね。

他の方の感想に「オフィシャル同人誌」と言う感想を見かけましたがまさにそんな感じ。
もすこし破天荒なものがあってもよかったかな。


JUGEMテーマ:読書


読書(他) comments(0) trackbacks(0)
ナナイロノコイ―恋愛小説/江國香織・ほか
江國 香織
角川春樹事務所
¥ 1,365
(2003-08)
収録作品:
ドラジェ(江国香織)
そしてふたたび、私たちのこと(角田光代)
帰れない猫(井上荒野)
これっきり(谷村志穂)
ビルの中(藤野千夜)
くらげ(ミーヨン)
手のひらの雪のように(唯川恵)

既読作家さんは江國さん・角田さん・唯川さん。
名前のみ知っているのは谷村さん。
そのほかの方については完全に初見だと思います。
こういういろいろな作家さんの短編が読めるのは、私にとってはまさにテイスティングといった具合。作品の手ごたえをもとに今後の読書の裾野を広げていくのです。
今回一番「いいな」と思えたのは「そしてふたたび、私たちのこと」(角田光代)リアルな女ともだちの関係をあらわしているとても読みやすい作品でした。「帰れない猫」(井上荒野)の世界観もお気に入り。閉ざされた感じが心象風景と重なって、読んでいてしっとりしちゃいます。
「手のひらの雪のように」(唯川恵)の優しい感じも読んでいて楽しめました。江國さんは江國さんらしいな・・・という作品に。

好感触だった角田さん・井上さんの作品は今後の読書録に加えて行きたいな。


読書(他) comments(0) trackbacks(0)
: 1/1 :
現在読書中
entries
categories
comment
trackback
calendar
<< July 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
profile
powerd
mobile
qrcode
My family
びびこ
三十路手前の専業主婦。趣味は読書。
現在子供たちに悪戦苦闘の毎日。
旦ちゃん
子煩悩な旦那さん。
家族のため日夜仕事を頑張っている。
マメタロ
我が家の長男坊。
2005年9月生まれ。
慎重派で心優しい暴れん坊。
パピコ
我が家の長女。
2007年9月生まれ。
大胆不敵な大和撫子。


*script by KT*
gremz
ブログパーツUL5