スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
モノレールねこ/加納朋子
加納 朋子
文藝春秋
¥ 1,600
(2006-11)
内容(「BOOK」データベースより)
時をこえて届くあの頃からの贈りもの。儚いけれど、揺るぎない―「家族」という絆。デブねこの赤い首輪にはさんだ手紙がつなぐ、ぼくとタカキの友情(「モノレールねこ」)。夫を待つ時間に取り組んだ白いパズルの中に、犬の気配が(「パズルの中の犬」)。家族をいっぺんに失った中学生の私と、ダメ叔父さんの二人暮らし(「マイ・フーリッシュ・アンクル」)。私と偽装結婚したミノさんは、死んだ婚約者がそばにいると信じていた(「シンデレラのお城」)。ロクデナシのクソオヤジに苦しめられてきた俺に、新しい家族ができた(「ポトスの樹」)。会社で、学校で、悩みを抱えた家族の姿を見守るザリガニの俺(「バルタン最期の日」)。


収録作品:モノレールねこ/パズルの中の犬/マイ・フーリッシュ・アンクル/セイムタイム・ネクストイヤー/ちょうちょう/シンデレラのお城/ポトスの樹/バルタン最期の日


とても読みやすく、それでいて考えさせられる事の多い短編集。
日常的な風景の中に、家族それぞれの思いを感じながら、読んだ後あたたかな気持ちに慣れる作品が多かった。

好きだな〜と思ったのは、「セイムタイム・ネクストイヤー」「ポトスの樹」「バルタン最期の日」。この3作には「家族もの」という共通点がある。といっても、他にも家族ものはあるんだけど、この3作は特に良かったな。
「涙した」と言う共通点もあるか。といっても、泣いてすっきりするようなお話だったので(特に妊娠中の今涙腺はゆるく、子供やら親子の絆系の話には弱い)後に引きずらず「ああ、いいおはなしだった!」と心から思える。

中でも「バルタン最期の日」は非常に心に残った。
読書(加納朋子) comments(0) trackbacks(0)
いちばん初めにあった海/加納朋子
出版社/著者からの内容紹介
「私、人殺しなの…」幼い頃の罪の記憶を抱えたふたりの女性は、日常の狭間に見え隠れする愛と生命の尊さを通じて再生してゆく。胸いっぱいひろがる、ぬくもりあふれたファンタスティック・ミステリー。



表紙の青い海に魅かれて借りた本。
表題作を読み終えると、なんともいえないやるせない気持ちと、ほっとしたような安堵感。心には確かにあたたかいものが残るが、哀しさも少しだけ。
不安げな主人公に今の「妊娠中の不安定な自分」を少し重ねたのかな。

2作目「化石の樹」に関しては、ちょっと涙した。
そして、感動した。
昨今取り上げられている問題を少し違った角度から描いた物語だが、登場人物達のあたたかさが、心に染みるなぁ〜。

わたしとしては2作目のほうがより感動し、好印象。

続きはネタバレあり。
続きを読む >>
読書(加納朋子) comments(0) trackbacks(0)
ななつのこものがたり/加納朋子
加納 朋子
東京創元社
¥ 1,785
(2005-09-30)
内容(「BOOK」データベースより)
はやてがあやめさんと出会ったみたいに、人と本だってとってもすてきで、すごく大切な出会いをすることがあるの。“駒子シリーズ”のヒロイン入江駒子の愛読書がすてきな絵本になりました。



「ななつのこ」を読んだ方は是非読んで欲しい1冊。

おかあさんが、自分の子供・はやてくんの寝物語に「ななつのこ」を聞かせると言う設定。

物語の中に、母親の優しい思いや、愛情までもが感じられてとてもあたたかな気分になりました。
読書(加納朋子) comments(0) trackbacks(0)
てるてるあした/加納朋子
4344007840てるてるあした加納 朋子 幻冬舎 2005-05売り上げランキング : 94951Amazonで詳しく見る by G-Tools




「ささらさや」の続編・・・ではなく姉妹編です。なつかしのメンバーも登場していますが、主人公はさやではありません。最初に「ささらさや」から読むことをオススメします。



私は息子が生まれてから、本当に「子供」に関しての話題が今までの何倍にも心にせまる。考えさせられる。世の親たちはみんなそうだろうけど。親じゃない人たちだってそういうひともいるだろうし。

「きよしこ」といい、「てるてるあした」といい、本当にいろいろなことを考えさせられた。そして、読んでよかった、出会えてよかったな、と思った。



そういえばドラマ化されていたんですね〜知りませんでした。
読書(加納朋子) comments(0) trackbacks(0)
沙羅は和子の名を呼ぶ/加納朋子
収録作品:
黒いベールの貴婦人
エンジェル・ムーン
フリージング・サマー
天使の都
海を見に行く日
橘の宿
花盗人
商店街の夜
オレンジの半分
沙羅は和子の名を呼ぶ


短編がたくさん詰まった読み応えのある1冊。

加納さんの作品は殺人事件とかではなく、「日常的に誰にでも起こり得る不思議な出来事」が多い。そしてそれは、見落としがちな日常の小さな幸せにも似ていると思う。
もちろん、中には切ない物語もある。けれどそのどれもが輝いている。

中でも一番気に入ったのは「商店街の夜」
その作中の言葉を借りるならば−
続きは読了の方のみどうぞ。
続きを読む >>
読書(加納朋子) comments(0) trackbacks(0)
ホテル・アイリス/小川洋子
4054007740ホテル・アイリス
小川 洋子

学習研究社 1996-11
売り上げランキング : 616589

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




小川洋子さんの作品では、なぜか主人公の顔がイメージできない事が多い。そのほかの登場人物たちの顔はイメージしながら(もちろん無意識に)読んでいるんだけれど。しかし、この「ホテル・アイリス」は最初からはっきりと主人公の少女の顔がイメージできた。なぜだろう?

そして、舞台になる土地の不思議さにいつも感心する。そこは日本ではない。きっと、世界のどこでもないんだろう。そういう場所にどんどん引き込まれていて、心地よくなる。

内容は決して心地いい物語ではないはずなのにな。
読書(加納朋子) comments(0) trackbacks(0)
: 1/1 :
現在読書中
entries
categories
comment
trackback
calendar
<< October 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
profile
powerd
mobile
qrcode
My family
びびこ
三十路手前の専業主婦。趣味は読書。
現在子供たちに悪戦苦闘の毎日。
旦ちゃん
子煩悩な旦那さん。
家族のため日夜仕事を頑張っている。
マメタロ
我が家の長男坊。
2005年9月生まれ。
慎重派で心優しい暴れん坊。
パピコ
我が家の長女。
2007年9月生まれ。
大胆不敵な大和撫子。


*script by KT*
gremz
ブログパーツUL5