スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
家日和/奥田英朗
奥田 英朗
集英社
¥ 1,470
(2007-04)
内容(「MARC」データベースより)
ネットオークションにはまる専業主婦。会社が倒産し、主夫となる営業マン。夫と妻。ちょっとずれていて、でも愛情がないわけでなく…。ずっと外にいた夫の王国か。ずっと家にいた妻の城か。ビター&スウィートな「在宅」小説。


収録作品:
サニーデイ/ここが青山/家においでよ/グレープフルーツ・モンスター/夫とカーテン/妻と玄米御飯


とても面白く読めた。
奥田さん独特の軽妙な語り口がよかった。物語も素直に笑えるものが多くて読んでてすっとする。読後感もよろしい。何度でも読みたい。

家、私は家が大好きだ。専業主婦である私にとっては職場でもあるわけだ。子供の遊び場
であり、食堂であり、銭湯であり、寝所であり・・・。いろいろな表情を持つ家。
建物本体や庭などハード面での家と家庭・家族などのソフト面での家。
家庭での役割も多面的である。父であり夫であり祖父であり男であり息子であり・・・。
う〜ん、家って案外奥深い。

一番好きだったのは「ここが青山」。「家においでよ」「夫とカーテン」もよかったなぁ〜。


JUGEMテーマ:読書


読書(奥田英朗) comments(0) trackbacks(0)
町長選挙/奥田英朗
奥田 英朗
文藝春秋
¥ 1,300
(2006-04)
期待以上によかった伊良部先生シリーズの第3弾。今回は今までとは毛色の違う1冊。いわゆる「時の人」たちをネタにした3作と表題作の計4作品が収録されています。
特に最初の2作がスキでした。
巷の評価は厳しいけれど私的にはとても楽しめた1冊。
読書(奥田英朗) comments(1) trackbacks(1)
: 1/1 :
現在読書中
entries
categories
comment
trackback
calendar
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
profile
powerd
mobile
qrcode
My family
びびこ
三十路手前の専業主婦。趣味は読書。
現在子供たちに悪戦苦闘の毎日。
旦ちゃん
子煩悩な旦那さん。
家族のため日夜仕事を頑張っている。
マメタロ
我が家の長男坊。
2005年9月生まれ。
慎重派で心優しい暴れん坊。
パピコ
我が家の長女。
2007年9月生まれ。
大胆不敵な大和撫子。


*script by KT*
gremz
ブログパーツUL5