スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
雪屋のロッスさん/いしいしんじ
いしい しんじ
メディアファクトリー
¥ 1,155
(2006-02)

やわらかそうで、固そうで、優しそうで、残酷な。
『物語』って言葉にしっくりくる30篇のお話。


新聞か雑誌で紹介されているのを見て心魅かれたこのタイトル。
・・・・・・雪屋のロッスさん、大泥棒の前田さん、似顔絵描きのローばあさん、サラリーマンの斉藤さん…。物語作家の著者が描く、さまざまな人たち、それぞれの営み。あなたは、何をする人ですか?

上記のとおり様々な職業の人(時に職業じゃなかったり、人じゃなかったりするけど)が出てくる。そしてそれぞれの物語を語る。
私が小学生のとき、作文を書くときは「○○です」と「○○だ」という文体は混ざらないようにしましょう、と言われた。例えば「今日は日曜日です。お父さんと一緒に出かけた。」とかはダメ。「日曜日です。出かけました。」か「日曜日だ。出かけた。」かに統一しなさいと。
最初、いしいしんじさんの文体もそこが気になった。混ざってる。でもだんだんとそれがいい味に思えてくる。優しさの中にあるちょっとした怖さ。メルヘンの中にある冷たい現実。それが、文体だけじゃなく徐々に物語の中にも見え隠れする。相反する、でも紙一重のとても親しい矛盾。
物語自体も、ハッピーエンドばかりではない。何の変哲もないある一日だったり、最悪の思い出みたいだったりもする。

特に気に入ったのは「棺桶セールスマンのスミッツ氏」「旧街道のトマー」「像使いのアミタラさん」。

読書(いしいしんじ) comments(0) trackbacks(0)
: 1/1 :
現在読書中
entries
categories
comment
trackback
calendar
<< August 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
profile
powerd
mobile
qrcode
My family
びびこ
三十路手前の専業主婦。趣味は読書。
現在子供たちに悪戦苦闘の毎日。
旦ちゃん
子煩悩な旦那さん。
家族のため日夜仕事を頑張っている。
マメタロ
我が家の長男坊。
2005年9月生まれ。
慎重派で心優しい暴れん坊。
パピコ
我が家の長女。
2007年9月生まれ。
大胆不敵な大和撫子。


*script by KT*
gremz
ブログパーツUL5