スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
花まんま/朱川湊人
朱川 湊人
文藝春秋
¥ 1,650
(2005-04-23)
ほんのりあたたかいものが残ったり、重く冷たい何かが沈んだり、心に響く短編集。


初・朱川さんである。「花まんま」というタイトルに以前からひかれてはいたし、先日見た「世にも奇妙な物語」の「昨日公園」の原作者だと聞いてなお読みたくなった作家さんだった。

どこか意外な感じがしたのは、大阪の下町を舞台にした作品だったためだろう。なんとなく都会的なイメージを持っていたのは「昨日公園」の堂本光一の影響かもしれない(あ、でも彼も普段は関西弁か・・・)。

切ないのとは違う、感動と言うほどでもないもっと簡単なものが物語のあちらこちらに散りばめられていて…そう、思い出というヤツかな?キラキラしてたりくすんでたり、いろいろあるんだけど、みんなの心の中に当たり前にあるもの。そんなのを感じながら読むのは心地よかった。
読書(朱川湊人) comments(0) trackbacks(0)
: 1/1 :
現在読書中
entries
categories
comment
trackback
calendar
<< July 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
profile
powerd
mobile
qrcode
My family
びびこ
三十路手前の専業主婦。趣味は読書。
現在子供たちに悪戦苦闘の毎日。
旦ちゃん
子煩悩な旦那さん。
家族のため日夜仕事を頑張っている。
マメタロ
我が家の長男坊。
2005年9月生まれ。
慎重派で心優しい暴れん坊。
パピコ
我が家の長女。
2007年9月生まれ。
大胆不敵な大和撫子。


*script by KT*
gremz
ブログパーツUL5