スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
姑獲鳥の夏/京極夏彦
出版社/著者からの内容紹介
この世には不思議なことなど何もないのだよ――古本屋にして陰陽師(おんみょうじ)が憑物を落とし事件を解きほぐす人気シリーズ第1弾。東京・雑司ヶ谷(ぞうしがや)の医院に奇怪な噂が流れる。娘は20箇月も身籠ったままで、その夫は密室から失踪したという。文士・関口や探偵・榎木津(えのきづ)らの推理を超え噂は意外な結末へ。京極堂、文庫初登場!



読んだのは何度目か。大好きなシリーズとなった京極堂シリーズの1作目。

やっぱり、この世界観は秀逸。文体や事件そのもの、ちょっと耽美なところまで、はまってしまう。
登場人物も心惹かれる人が多い。
私は関口派〜だとか榎木津派〜だとか、まるでアイドルのように思ってしまうのも仕方ないってもんだ。
ミステリとして読むのは間違っているんだろう。犯人当て・トリック解明などがお目当てでない新しいジャンルの作品なのだ。

とにかくどっぷり浸ること。そしてじっくりはまる事。
それが一番!
読書(京極夏彦) comments(0) trackbacks(0)
: 1/1 :
現在読書中
entries
categories
comment
trackback
calendar
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
profile
powerd
mobile
qrcode
My family
びびこ
三十路手前の専業主婦。趣味は読書。
現在子供たちに悪戦苦闘の毎日。
旦ちゃん
子煩悩な旦那さん。
家族のため日夜仕事を頑張っている。
マメタロ
我が家の長男坊。
2005年9月生まれ。
慎重派で心優しい暴れん坊。
パピコ
我が家の長女。
2007年9月生まれ。
大胆不敵な大和撫子。


*script by KT*
gremz
ブログパーツUL5