スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
どれにしようかな?―ぼくのいちばん*たかてら かよ,さこ ももみ
内容(「MARC」データベースより)
一番乗りたい乗り物はどれかな? 畑で一番とりたい野菜はどれかな? レストランで一番食べたい料理はどれかな? 「ど・れ・に・し・よ・う・か・な?」と、絵を指でさしながら、親子で一緒に楽しめる絵本。厚紙絵本。



「こんなときってなんていう?」のシリーズ。マメへのプレゼントにいただきました。

私このシリーズ、もう大好き♪
絵が可愛くてかわいくて。

この本は数少ない「マメとパピコが仲良く一緒に見られる本」です。
ふたりで、
「パピコ、どれにする?マメは〜バス〜!!」(聞いといて先に答える兄)
「あ〜!!!」(それでもめげずに選ぶ妹)
「パピコ、飛行機ね〜♪」
「ちゃーちゃんは〜??」

「くるま〜」洗濯物を干している私。

と、家事をしている間に二人仲良くしといてもらうには持って来いの1冊です。
絵本(1〜2歳) comments(0) trackbacks(0)
ノンタンぶらんこのせて *おおとも やすおみ,キヨノ サチコ
ブランコに乗るノンタンに、うさぎさんやくまさんたちが「ブランコか〜わって」とやってきます。でもノンタンはなかなかかわってくれません。
ノンタンとみんなの子供らしいトラブルと、その解決策が光る名作。


先日ここでもキヨノサチコさんの死亡記事を紹介しました。
そのことで、「そういえばまたノンタンシリーズを読んであげてないなぁ」と気付き早速図書館から借りてきました。

この本は私の小さい頃からある名作。
私たちは、ノンタンたちと同じようなことをして、そしてノンタンの真似をして数を数えたものです。

ノンタンはとっても素直でひねくれもので、愛すべき「子供」そのもの。
そんなノンタンのお話が、本当の子供達の心に響かないわけがなく、マメもパピコもすぐにノンタンと仲良しになりました。


次は何を読もうかな♪


絵本(1〜2歳) comments(0) trackbacks(1)
てをつなごうね、ペネロペ *アン グットマン,ゲオルグ ハレンスレーベン
内容(「BOOK」データベースより)
てをつなぎましょうってママがいうの。でもわたしひとりであるきたいな。


ペネロペ〜!!!
またもやペネロペです。

今回は、お散歩中のお話。
タイトルどおり「てをつなごうね」っていうお話です。

この本は旦ちゃんが子供たちに読まされて(笑)いましたが、旦ちゃんペネロペを男の子だと思ったのか(確かに色的には男の子。ファッションも結構男の子っぽい「ペ」)めっちゃ太い声でペネロペの声を…
子どもたちは最初は「ちがう〜!!!」と言ってましたが、結局大笑いで楽しそうに読んでもらってました。
絵本を読みなれていない旦ちゃんも、サラッと読めるこの短い1冊は、パパの読み聞かせデビューにもオススメです♪
旦ちゃん、最近はみんなにせがまれ結構なんでも読みなれてきましたが、いつもの私の読み方・リズムと違うので子供たちも楽しいみたい。

そして子供ともどもペネロペ大好き!になった私。
もう、とってもキュート♪ペネロペ大好き♪
クリスマスはペネロペグッズにしようか真剣に悩み中です。
絵本(1〜2歳) comments(0) trackbacks(0)
ねずみくんのチョッキ*なかえ よしを, 上野 紀子
出版社/著者からの内容紹介
おかあさんがあんでくれた、かわいいチョッキ。“ちょっときせてよ”と動物のなかまたち。あらあら、チョッキがどんどんのびて……。


懐かしい〜!!!

もう、私は伸びてしまったチョッキを手にしたねずみくんの後ろ姿がたまりません!!!
可哀相で、愛らしくって、ああ〜お母さんになんて言おう、みたいな…
ああ、ツボです。ツボ!!


マメは、このネズミ君の様子を見て泣きそうになっていましたが、ラストで笑顔になりました。
この本は、子供のいろんな表情を引き出してくれます。

パピコはとにかく、いろんな動物さんたちが大好きで、すぐに「これ読んで!」といわんばかりに持ってきます。
マメは、動物さんが無理矢理チョッキを着るその表情が大好きで大うけ。

そういえば、マメ「チョッキ」が何のことだかわからずに「ちょっき?なに?」と聞いてたっけ。そうだよな〜チョッキって今なかなか言わないよなぁ〜。



そして、読後のマメの一言
「マメも、これ(チョッキ)ほし〜!!!」

やっぱりお母さん、編まんなんけ?
編まなならんけ・・・?
と、しばし途方にくれた母でした。
絵本(1〜2歳) comments(0) trackbacks(0)
のこさずたべてね、ペネロペ * アン・グットマン ゲオルグ・ハレンスレーベン ひがし かずこ (翻訳)
はい、ペネロペですゆう★


二人はペネロペが大好き!!
現在、朝夕NHKで放送されてますが大喜びです。
以前、マメはケーブルTVで放送されていたのを見ていて
(覚えているかは不明)その頃からお気に入りでした。

図書館でテンションが(必要以上に)アップしたマメを落ち着かせるために
「よし!ぺ、探そう、ペ!!」と探し出した1冊です。
ちなみに、現在喋りたくて仕方ないパピコが、
ペネロペを「ぺっ!ぺっ!!」と呼ぶので
我が家ではヨン様とペネロペは「ぺ」ですゆう★
なんかいろいろごめんなさいゆう★

というわけで、このペネロペですが、放送されているアニメよりも
さらに小さい子供向けな感じで、生活習慣の基礎を絵本にした感じ。
文字数もページ数も少なく、登場人物も限られているのでパピコも大うけでした。

これからはしばらく「ペ」が続きそうな予感…ゆう★
絵本(1〜2歳) comments(0) trackbacks(0)
おべんとくん*真木 文絵,石倉 ヒロユキ
真木 文絵,石倉 ヒロユキ
¥ 1,050
(2004-04)
内容(「BOOK」データベースより)
おべんとくんがでかけたよ。のはらでおべんとうたべようって。でも、おべんとくんは、ちょっぴりあわてものなんだ。


あわてんぼうのおべんとくんに忘れられた、おかずたちが追いかけてくるという単純なストーリーながら、マメ夢中。
こっそりしたしかけ絵本具合に私も大好きな1冊です。

今、こどもちゃれんじの「お弁当セット」が大好きなこと。
幼稚園の案内で見た「みんなのお弁当」が気になって仕方の無い事。
おべんとの中身たちがかけっこしてやってくること。
など、伏線も多々ありお気に入り要素が盛りだくさん。

なんといっても、たこさんウインナーに夢中。
まわらない口で
「たこさんいんなーきたねぇ、はやいねぇ」
なんて言われると、お母さん絵本を読んでて良かったなぁ!なんて思っちゃうのですよ♪

惜しむべくは「水筒」を知らないこと!!
う〜ん、残念!

おべんともって、ピクニックに行きたくなる1冊ですよ。
絵本(1〜2歳) comments(0) trackbacks(0)
うずらちゃんのかくれんぼ*きもとももこ
出版社 / 著者からの内容紹介
うずらとひよこがかくれんぼを始めました。色と形を上手に使って、花に隠れたり、ひょうたんに隠れたり……。うずらちゃんと一緒に、楽しいかくれんぼ遊びのできる絵本です。


以前マメに読んであげたときは、まだ1歳前後だったかな。
今回は、隠れているひよこちゃんやうずらちゃんを上手に見つけて教えてくれました。
う〜ん、成長!
パピコは「もういいかい」「まあだだよ」〜のくだりが大好きで、尻振って踊ってます。こういうリズムのある絵本は本当に子供たちに大人気♪
大人も読んでて優しい気持ちになれます。
絵本(1〜2歳) comments(0) trackbacks(0)
おとなになったら…*いもとようこ
内容(「MARC」データベースより)
「おとなになったら、角がはえるって、お父さん言ってたなあ」 心配そうな鹿の子どもの想像はどんどん広がっていきます。角がはえたら赤い花が咲いたりするかもしれない。ちょうちょも寄ってくるかも…。


大好きないもとようこさんの絵本。

この絵本は最近いたずらが激しくなってきた娘・パピコ(10ヶ月)が、図書館の本棚荒らしをしている際に床にばら撒かれたうちの一冊です。ある意味出会うべくして出会った運命の本といえるでしょう・・・。

小鹿がこれからはえてくる角について、どんどん想像を膨らませていく楽しいお話。
文字も少なく、絵もシンプルでマメには物足りないかな?と思ったら、意外と大うけ。どんどん展開されていく小鹿くんの妄想に、大笑いのマメなのでした。
絵本(1〜2歳) comments(0) trackbacks(0)
おやすみゴリラくん*ペギー・ラスマン いとうひろし
出版社/著者からの内容紹介
よい絵本選定 夜の動物園で管理人のおじさんが、動物のオリを見回ります。「おやすみ、ゴリラくん」「たのしいゆめみなね、キリンさん」…。ところが、いたずらもののゴリラくん、カギ束をこっそりぬきとり、動物たちのオリを開けて回ったから、さあ大変!シンプルな面白さの絵本です。


マメタロ、大のお気に入り。
文章が少ないので小さい子にもいいと思う。
パピコ(9ヶ月)もこの本は結構好きです。

言葉すくなに語られる、管理人のおじさんの人柄の良さ、奥さんの優しさが好き。
動物達のかわいらしさも!
そして檻の色と鍵の色が一緒だったり、風船があったり、ぬいぐるみが入ってたり・・・細かいところにもたくさん気になるポイントがあって、そういのが大好きなマメは大喜び。
マメのお気に入りは、真っ暗な中目がぱちぱち、のシーン。
そこを広げて「読んで」と言われるんだけど、文字がないんだ〜!なので「めめぱちぱち」と教えてます。。。



JUGEMテーマ:育児


絵本(1〜2歳) comments(0) trackbacks(0)
いきものいろいろ*ふくだとしお ふくだあきこ
ふくだとしお/ふくだあきこ
¥ 1,260
(2007-09-10)
gremzキーワード:ゴミ分別
内容紹介
この絵本には、いろいろな生き物が沢山登場します。ゾウ、かたつむり、シマウマ、カメ、てんとう虫…大きさもいろいろ。模様もいろいろ。かたちもいろいろ。
1パージに一緒に描かれるいろいろな特徴の動物たちは、その存在の違いの楽しさと、等しい命の尊さを教えてくれます。登場する生き物たちを指差しながら、あたたかい気持ちで読んでいただける絵本です。ふくだワールドがのびのび描かれた、やさしい眼差しの1冊です。


「うしろにいるのだあれ」のふくださん夫妻の絵本を図書館で見つけたので借りてきました。
とってもあたたかな風合いの動物達が相変わらずステキで、これぞ「親が子に読ませたい絵本」って感じです。こういう絵本を読んで育つと、感性豊かな子になるような気がするのですよ。

動物園に行ってきたばかりのマメは興味津々で見てます。
そして「これなに?」と聞きます。しかし、母は答えられない事が多すぎる!もっと勉強しなくては。感性豊かな子に育てるためには、親もたゆまぬ努力が必要なのですね…


絵本(1〜2歳) comments(0) trackbacks(0)
: 1/3 : >>
現在読書中
entries
categories
comment
trackback
calendar
<< October 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
profile
powerd
mobile
qrcode
My family
びびこ
三十路手前の専業主婦。趣味は読書。
現在子供たちに悪戦苦闘の毎日。
旦ちゃん
子煩悩な旦那さん。
家族のため日夜仕事を頑張っている。
マメタロ
我が家の長男坊。
2005年9月生まれ。
慎重派で心優しい暴れん坊。
パピコ
我が家の長女。
2007年9月生まれ。
大胆不敵な大和撫子。


*script by KT*
gremz
ブログパーツUL5