スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
共犯マジック/北森鴻
内容(「MARC」データベースより)
人の凶兆のみを予言し、読者の連鎖的な自殺を誘発する謎の占い書・フォーチュンブック。この本を偶然手にした7人の男女は、知らず知らず昭和という時代の共犯者の役割を演じることに…。長篇連作ミステリー。


あまり読後感のよさそうな本ではないな・・・と感じ、一度は書棚に戻そうかとも考えたのだけど、この「昭和という時代の共犯者」という文面に惹かれて借りてきた。
読み終えた今となっては、決して読後感のよい本ともいえないけれど、でも読後感の悪い本ではなかった。
謎は解かれ、元には戻れない人々だけが残る。

なにより「フォーチュンブック」に「デスノート」のようなオカルト的意味合いの薄い(と感じさせられる)ところがよかった。北森さん自身も「占い」や「呪い」とは遠いところにいるのでしょうか?主役でありながら、小道具としての位置を変えなかったのが読みやすいところだと思う。

以下、ネタバレあり(反転)
私の知っている「昭和の大事件」といえば、やはり三億円事件である。一番有名な、いろんな意味で犯罪史に名を残す名犯罪?である。あとは「浅間山荘事件」とか?でもこちらは映画にもなっているが、実際どういった事件なのかイマイチ知らない。
「グリコ・森永事件」なんかも、作中に出てきてはじめて「ああ、聞いたことはあるな〜キツネ顔の男だっけ?なんだっけ?」という具合。
だから、実際にこの本に出てくる時代にしっかり大人だった人が読むといろいろな面で楽しめるだろうと思う。私の親世代くらいか?

なにより絡み合った「フォーチュンブックを持つもの達」(あるいは持たないもの達)の関係が面白い。どうなっていくんだろう、とひとつひとつの短編を読み進め、最後の段階に辿り着いたときの安堵感と言うか、達成感はよかった。

しかし、最後に一気に話が進みすぎて、今までのゆっくりと提示されていく解決と新たな謎たちが簡単に終わってしまった気がしたのが残念だ。

とはいえ、続きを早く読みたいと思わせてくれた、楽しめた作品でした。
読書(北森鴻) comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
comment










trackback url
トラックバック機能は終了しました。
trackback
現在読書中
entries
categories
comment
trackback
calendar
<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
profile
powerd
mobile
qrcode
My family
びびこ
三十路手前の専業主婦。趣味は読書。
現在子供たちに悪戦苦闘の毎日。
旦ちゃん
子煩悩な旦那さん。
家族のため日夜仕事を頑張っている。
マメタロ
我が家の長男坊。
2005年9月生まれ。
慎重派で心優しい暴れん坊。
パピコ
我が家の長女。
2007年9月生まれ。
大胆不敵な大和撫子。


*script by KT*
gremz
ブログパーツUL5