スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
八日目の蝉/角田光代
角田 光代
中央公論新社
¥ 1,680
(2007-03)
出版社/著者からの内容紹介
逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるだろうか−−理性をゆるがす愛があり、罪にもそそぐ光があった。家族という枠組みの意味を探る、著者初めての長篇サスペンス。
  


サスペンス、と書いてはあるが、ただ物語上事件を扱っているだけで、本当の意味でのサスペンスとはちょっと違う気がする。

「母親」とは何か?「家族」とは?「母性」とは?「子供にとっての幸せ」とは?
いろいろな事を問われる作品である。

私は、現在睡眠時間の確保が大きな課題なのにもかかわらず、この本を読み出してから寝る間も惜しんで一気に読み終えた。
私が「薫」と同じくらいの子供を持っているせいかもしれない。

最初は、興味本位というか、これからどうなるのだろうとワクワクドキドキしながら読んでいた。
しかし、徐々に物語に引き込まれ、気付くと主人公を応援している自分がいた。
そして最後には、心洗われるような清々しい読後感。


→続きはネタバレあり。
(一応文字色反転してありますが、未読の方は読まないほうがよいかと思います。)

JUGEMテーマ:読書

私には2人の子供がいる。子供を失った事はない。不倫の経験もない。
もちろん誘拐された事もなく、親から無理矢理引き離されたりした事もない。

それでも想像する。
私が希和子なら、同じことをするだろうか?
私が「薫」なら、どうなるんだろうか?
私があの人なら、この人なら・・・。

物語の性質上、主要登場人物はそう多くはない。
深く関わることになる人もまれである。でも、心に残る人物がたくさんいた。
これからこの人はどうなるのだろう?と思う「気になる人」がたくさんいた。
それぞれの「家族の形」よりも「個人」としての未来が気になる人もいた。
そして、それぞれに違う形の「母性」を見た。
形は違えど、根本的にはみな同じひとりの「母親」だった。

私には子供がいる。だから最初は「被害者」目線で読み始める。希和子を見て「バカな事を、」と。気でも違ったか、と。
でも、いつのまにか「加害者」の肩を持っている。
同じ母親だからだ。
描かれない被害者の母性よりも、「薫」を見た瞬間から生まれ育っていく加害者の母性にひかれたからだと思う。
そして、多く出てくる「母親」達。みな一様に「薫」にひかれている。
「薫」は「愛すべき子供」を形にしたものだと思う。
希和子の中の毒が、浄化されていく。

最後に、薫を見つめる希和子を知って涙が出た。
感動?悲しみ?喜び?いろいろな感情が溢れた。
救いのない事件ではなかった。
少なくとも希和子にとってはその後の人生においても「薫」は生きる希望であり、愛しい我が子なのだ。




読書(角田光代) comments(0) trackbacks(1)
スポンサーサイト
- - -
comment










trackback url
http://otenkiya.jugem.jp/trackback/253
trackback
角田光代 『八日目の蝉』
八日目の蝉/角田 光代 ¥1,680 Amazon.co.jp 逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるだろうか−−理性をゆるがす愛があり、罪にもそそぐ光があった。家族という枠組みの意味を探る、著者初めての長篇サスペンス。 すごく面白かったで
映画な日々。読書な日々。 2008/01/25 11:02 PM
現在読書中
entries
categories
comment
trackback
calendar
<< September 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
profile
powerd
mobile
qrcode
My family
びびこ
三十路手前の専業主婦。趣味は読書。
現在子供たちに悪戦苦闘の毎日。
旦ちゃん
子煩悩な旦那さん。
家族のため日夜仕事を頑張っている。
マメタロ
我が家の長男坊。
2005年9月生まれ。
慎重派で心優しい暴れん坊。
パピコ
我が家の長女。
2007年9月生まれ。
大胆不敵な大和撫子。


*script by KT*
gremz
ブログパーツUL5