スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
まぼろしハワイ/よしもとばなな
よしもと ばなな
幻冬舎
¥ 1,575
(2007-09-26)
内容紹介
ついに書き下ろし作品刊行!よしもとばなな傑作ハワイ小説集。

フラダンサーのあざみと、義理の娘オハナ。ふたりは、夫としてまた父として、愛しぬいた男への強烈な思慕を抱えてホノルルに降り立つ。細胞が甘く官能的に動き始めるその地で、ふたりは懐かしい人々に出会い、鮮やかな自然に包まれる。ハワイで彼らが経験した驚きの癒しの旅――。他作品も、同性愛など禁断の愛も盛り込みながら、読後には生きる喜びを強烈に感じさせるものばかり。フラダンスの修業も積み、5年に渡りハワイを行き来した著者がついに発表する傑作ハワイ小説集。



内容を知らずに読み始めたので、読んでいてその「濃さ」に圧倒された。
いつものよしもとばななさんなんだけど、ちょっと濃い。初期のばなな作品を愛する私にとっては、とっても読みやすく、感じやすい本だった。

内容紹介にも書いてあるが、5年かけて完成させた本だということを、私はあとがきで知った。それで納得した。濃いはずだ、と。

いままでも海外を舞台にしたシリーズを読んできたけれど、一番濃い感じがするな。
だからといって決して読みにくい濃さではなくて、逆にすーっと溶けるような、ひたひた迫ってくるような潤い感があるのでとても楽しく読めた。

でもハワイに行ったことのない私には、ハワイの美しさを語る文が重かったかな。
ばななさんはとても褒め好きだけど、褒め上手ではない、といつも思う。
言葉を尽くしすぎてしまうんだろうか?いつもちょっと重い。
けれど、こんなに美しいハワイには心ひかれた。行ってみたい。今すぐ行きたい。そう思うって事は、ばななさんの重い「褒め」も有効なんだろうか。

よしもとばななさんの作品の中では、「とかげ」を愛してやまない私だが、この本もそれくらい読み返すことになるかもしれない、となんとなく予感する。

JUGEMテーマ:読書


以下ネタバレあり、読了済みの方だけお読みください。(反転してあります)
「まぼろしハワイ」
オハナちゃんは「キッチン」のみかげを、あざみさんは「N・P」の萃を思い起こさせるような人物だったのでとても読みやすかった。ハワイのうつくしさが凝縮されている作品だなぁと感じた(行った事はないんですよね・・・)
読んでてなんでか涙が出たな〜。
すごく好きなお話だったんだけど、ひとつだけ引っかかったところが。
あざみさんが、自分を捨てた顔も知らない実のお母さんを「くそ女」と表現していたところ。
ちょっと失望してしまったのは私が親になったからだろうと思う。ばななさんの小説には、そういう表現が多々出てくるし、親子関係の話になると決まってそういうちょっとどうかな?という言葉が出ます。今まではそれも良さのひとつかなと思ってたけど、今回はあざみさんにひかれていた分すごく残念に思った。



「姉さんと僕」
タイトルからしてドキッとした。そして期待を裏切らないよさだったと思う。
「僕」の容姿を何となく、料理ブログの「こうちゃん」とだぶらせながら読んでいたら、名前が「コーちゃん」で驚いた。
そして、「僕に何があっても、姉さんから僕を奪わないで」という矛盾した祈りは、私が常日頃子供たちに感じているものだったのでちょっと泣けた。


「銀の月の下で」
実はこの本の中で、唯一あまり共感できなかった。
う〜ん、まぁ、そうなんだな、ってちょっと戸惑いが残った。
ばななさんらしいおはなしなんだけど。自分でもなんでだか、わからない。
何年か後、再読してはっきりさせたいと思う。
読書(吉本ばなな) comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
comment










trackback url
トラックバック機能は終了しました。
trackback
現在読書中
entries
categories
comment
trackback
calendar
<< February 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
profile
powerd
mobile
qrcode
My family
びびこ
三十路手前の専業主婦。趣味は読書。
現在子供たちに悪戦苦闘の毎日。
旦ちゃん
子煩悩な旦那さん。
家族のため日夜仕事を頑張っている。
マメタロ
我が家の長男坊。
2005年9月生まれ。
慎重派で心優しい暴れん坊。
パピコ
我が家の長女。
2007年9月生まれ。
大胆不敵な大和撫子。


*script by KT*
gremz
ブログパーツUL5