スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
花の下にて春死なむ/北森鴻
4062094029花の下にて春死なむ
北森 鴻

講談社 1998-11
売り上げランキング : 926678

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


目次:花の下にて春死なむ

家族写真

終の棲み家

殺人者の赤い手

七皿は多すぎる

魚の交わり



どこか固くて暗さを潜ませている北森さんの文体が、いい雰囲気をかもし出す珠玉の短編集。





北森鴻さんの作品を読む上でなくてはならない作品のひとつを今頃読んだ私。例のごとくもっと早く読むべきだったと後悔する。



明るい店の中と闇が潜む外。そのギャップが作品そのものの雰囲気を作っていてミステリとしてだけでなく、人間模様等も楽しめる。



表題作が一番好きではあるが、「殺人者の赤い手」の冒頭の不気味さもよかった。
読書(北森鴻) comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
comment










trackback url
トラックバック機能は終了しました。
trackback
現在読書中
entries
categories
comment
trackback
calendar
<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
profile
powerd
mobile
qrcode
My family
びびこ
三十路手前の専業主婦。趣味は読書。
現在子供たちに悪戦苦闘の毎日。
旦ちゃん
子煩悩な旦那さん。
家族のため日夜仕事を頑張っている。
マメタロ
我が家の長男坊。
2005年9月生まれ。
慎重派で心優しい暴れん坊。
パピコ
我が家の長女。
2007年9月生まれ。
大胆不敵な大和撫子。


*script by KT*
gremz
ブログパーツUL5