スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
有頂天家族/森見登美彦
森見 登美彦
幻冬舎
¥ 1,575
(2007-09-25)
内容紹介
第20回山本周五郎賞受賞第一作!著者が「今まで一番書きたかった作品」と語る渾身の作。偉大なる父の死、海よりも深い母の愛情、おちぶれた四兄弟……でも主人公は狸?!

時は現代。下鴨神社糺ノ森には平安時代から続く狸の一族が暮らしていた。今は亡き父の威光消えゆくなか、下鴨四兄弟はある時は「腐れ大学生」、ある時は「虎」にと様々に化け、京都の街を縦横無尽に駆けめぐり、一族の誇りを保とうとしている。敵対する夷川家、半人間・半天狗の「弁天」、すっかり落ちぶれて出町柳に逼塞している天狗「赤玉先生」――。多様なキャラクターたちも魅力の、奇想天外そして時に切ない壮大な青春ファンタジー。


とっても楽しめた〜。読み終えた後の爽快感。
「夜は短し〜」後、私が読んだ二番目の森見さんの作品ということもあって、「夜は短し〜」ほどの衝撃や感動はなかったものの、非っ常〜に楽しめました。
どんでん返しとか、意外性とかではなく、スピード感・世界観を楽しむ作品です。
だから、読み終えるのが惜しい。もっともっとこの可愛いヤツラと一緒にバカやってたい〜!と思っちゃいます。
一気に読む派の私が、じっくりじっくり時間をかけて読みました〜。

読んでいて頭の中にしっかりとした映像が描き出せる、文章力がすごいなぁ。自分の中では、本を一冊読んだというより、アニメかドラマのシリーズを見た感じ。
京都をもっと知ってたら何倍も何十倍も楽しめるのに〜!!!と悔しさでいっぱいです。(「夜は短し歩けよ乙女」でも体験済みのこの悔しさ!)

愛すべき家族達!愛すべき赤玉先生!!愛すべき金曜倶楽部!!!

第二部が今から楽しみ!

JUGEMテーマ:読書


読書(森見登美彦) comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
comment
きららさん、こんにちは〜♪

可愛かったです〜(≧∇≦)もう、ここでも仲間に混ぜて~と言う気持ちで読んでました!


>偽電気ブランの魅力(?)
本当にそうですね、先に「夜は短し〜」を読んで正解でした(*´∇`*)見知った顔もチラホラいたようだし、他の作品も読むのが楽しみです♪

>いつか京都・森見ステージ見聞ツアーにでも
是非ご一緒したいわ〜(≧∇≦)
森見作品専用の「京都ツアー読本」なんてものが出たら買いですね!!
びびこ 2008/04/22 4:26 PM
びびこさん、こんにちは〜♪

おお〜!ついに読み終えられましたね!!
可愛かったでしょー(*≧∇≦*)
「夜は短し〜」を読んでからでないと、偽電気ブランの魅力(?)がよくわからなかったと思うので、その辺りもしっかり楽しめたのじゃないかと思います♪

>京都をもっと知ってたら何倍も何十倍も楽しめるのに〜!!!
そうなの〜!!(><)
これは、森見さんのお話を読むたび、毎回思ってしまいます。
いつか京都・森見ステージ見聞ツアーにでも出かけたいところです(笑)

次も楽しみですよね〜♪
きらら 2008/04/22 11:51 AM










trackback url
トラックバック機能は終了しました。
trackback
現在読書中
entries
categories
comment
trackback
calendar
<< February 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
profile
powerd
mobile
qrcode
My family
びびこ
三十路手前の専業主婦。趣味は読書。
現在子供たちに悪戦苦闘の毎日。
旦ちゃん
子煩悩な旦那さん。
家族のため日夜仕事を頑張っている。
マメタロ
我が家の長男坊。
2005年9月生まれ。
慎重派で心優しい暴れん坊。
パピコ
我が家の長女。
2007年9月生まれ。
大胆不敵な大和撫子。


*script by KT*
gremz
ブログパーツUL5