スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
第3の人生の始まり つれづれノート(15)/銀色夏生
内容紹介
宮崎への移住から四年、銀色親子が東京へ帰ってきた! 娘の受験や息子の転校といった難しいイベントを経ながらも、旅人のような視点で日々を鋭く軽快に綴る。



復活したつれづれノート!
嬉しい♪楽しみ〜と手に取りました。

さくぼうへの愛情表現だったり、かんちゃんへの気持ちの変化だったり、
今までのつれづれよりも「子供に対する思い」がわかりやすく書かれているのは、親の都合で決めた環境の変化に対する罪悪感みたいものがあるせいなのかな?(かんちゃんはちょっと違うか…)
書かれている事は、これまで14冊のつれづれの中で語られてきた事と重複する部分が多くて(この15巻内だけでもかなり繰り返していた気がする)ちょっとウンザリする所もあった。まぁ文中にもあったけど、銀色さん的に「理解して欲しい」という思いの現われなのかな〜とも思う。
そして、なんと言うかちょっと言い訳?と感じる部分も多くて。「年齢を重ねてきたせいかしら?」と思った。今までの人生に対する記述。
ただ、そういう変化は長年このシリーズを読み続けている身としては楽しいものです。

銀色さんは意見をよく翻すし(終了宣言から一転、早くも復活したこのシリーズに見るように)子供の親としてどうなんだろう?と思う所も多いし、ちょっといただけない…ということもある。
しかし、そういうものを全部含めて「一人の人間」としてさらけ出しちゃえる所に、素晴らしさというか…なんか違うかもしれないけど…美しさみたいなものを感じてしまいます。


今回のにんまりポイントは、なんか一気に大人になってきたなぁ〜というかんちゃんと、久々にその名を聞けてとても嬉しいやよいちゃん。
読書(銀色夏生) comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
comment










trackback url
http://otenkiya.jugem.jp/trackback/534
trackback
現在読書中
entries
categories
comment
trackback
calendar
<< June 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
profile
powerd
mobile
qrcode
My family
びびこ
三十路手前の専業主婦。趣味は読書。
現在子供たちに悪戦苦闘の毎日。
旦ちゃん
子煩悩な旦那さん。
家族のため日夜仕事を頑張っている。
マメタロ
我が家の長男坊。
2005年9月生まれ。
慎重派で心優しい暴れん坊。
パピコ
我が家の長女。
2007年9月生まれ。
大胆不敵な大和撫子。


*script by KT*
gremz
ブログパーツUL5