スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
いっちばん/畠中恵
畠中 恵
新潮社
¥ 1,470
(2008-07)
内容(「BOOK」データベースより)
摩訶不思議な妖怪に守られながら、今日も元気に(?)寝込んでいる日本橋大店の若だんな・一太郎に持ち込まれるは、訳ありの頼み事やらお江戸を騒がす難事件。お馴染みの妖がオールキャストで活躍する「いっちばん」、厚化粧のお雛ちゃんの素顔が明らかになる「ひなのちよがみ」の他三編を収録。大人気「しゃばけ」シリーズ第七弾。


収録作品:いっちばん/いっぷく/天狗の使い魔/餡子は甘いか/ひなのちよがみ



最近マンネリか?と思っていたしゃばけシリーズですが、久しぶりに読んだ最新作は面白かった〜。久しぶりだったからかな?
このシリーズはやはりこういった、軽い短編が一番面白いと思う。

兄や達の活躍が今ひとつだったかな〜とは思いながらも、彼らは時々出張ってくるから良いのであって、平素はこのくらいが一番好ましいなぁと考えを改める。
レギュラー陣もいい感じで活躍しているし、若だんなの病弱さに磨きがかかったような気がするけど、それもそれで楽しめた。
鳴家達も相変わらず可愛いし♪

とっても楽しかったです。
読書(畠中恵) comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
comment
きららさん、こんばんは〜♪

今回は思ったよりも早く手に取れて、ウハウハでした(笑)
しかも、面白かった〜(*´∇`*)

>読んでから、カバーの絵を隅々まで見るのが楽しいです(* ̄▽ ̄*)

そうそう(≧∇≦)
できるだけ読む前には見ないように気をつけてます。読んだ後に見て(o^-^o) ウフッっと楽しめる、一冊で二度オイシイ本でした。

「アイスクリン〜」はねぇ〜ε= (´∞` )
さすがにオススメできませんでした。

なんだか「惜しい」が積もり積もって「惜しすぎる!」になり、「手の施しようがないかも。。。」という残念な結果になっていくのです(ノω・、)
期待しすぎたのも敗因の一つなのですが。

もうちょっと作りこんでから書いて欲しかったかなぁ…と思います。
びびこ 2009/02/05 9:52 PM
びびこさん、こんにちは♪

順番回ってきたのですね!(*≧∇≦*)
そうそう、久しぶりでこれくらいの短編だと面白く読めますよね♪
読んでから、カバーの絵を隅々まで見るのが楽しいです(* ̄▽ ̄*)

それと、上の記事の「アイスクリン〜」、やっぱりイマイチだったのですね…(^^;
よそさまでそのような感想を見かけて、この作家さんのイマイチはかなりイマイチだな!と思って手を出さずにいました。
びびこさんにとっても残念だったのなら、読むのやめておこう〜!(笑)
きらら 2009/02/04 1:20 PM










trackback url
トラックバック機能は終了しました。
trackback
現在読書中
entries
categories
comment
trackback
calendar
<< February 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
profile
powerd
mobile
qrcode
My family
びびこ
三十路手前の専業主婦。趣味は読書。
現在子供たちに悪戦苦闘の毎日。
旦ちゃん
子煩悩な旦那さん。
家族のため日夜仕事を頑張っている。
マメタロ
我が家の長男坊。
2005年9月生まれ。
慎重派で心優しい暴れん坊。
パピコ
我が家の長女。
2007年9月生まれ。
大胆不敵な大和撫子。


*script by KT*
gremz
ブログパーツUL5