スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
おそろし 三島屋変調百物語事始
宮部 みゆき
角川グループパブリッシング
¥ 1,785
(2008-07-30)
内容紹介
ある事件を境に心を閉ざした17歳のおちかは、神田三島町の叔父夫婦に預けられた。おちかを案じた叔父は、人々から「変わり百物語」を聞くよう言い付ける。不思議な話は心を溶かし、やがて事件も明らかになっていく。


結論から言うと「ちょっと残念」だった。
でもそれは、宮部みゆきさんだからこそ!の残念。

もともとファンタジーが苦手である。
怪談もあまり得意ではない。それに輪をかけてホラーが苦手である。
怪談とホラーの違いはなんだろう?
言葉にするのは難しいけれど、日本の怪談には「遊び」の部分が多くあると思う。
殺されて終わり、死んでしまって終了ではなくて「その後彼の姿を見たものはいません」とか。
どうなったのかわからない。死んだのか、逃げたのか、それとも新たな
 ―――怨霊、のようなものになったのか。
そのはっきりしなさが嫌な場合もあるんだけど。
情緒、といか風情というか。

最終話まではそれほどのホラーではなかった。
けれど最終話が、ちょっと強引でそしていきなり現実離れしすぎてしまった。
背筋がぞくっとするような、ここまでのとても良い流れが、一気に直接的なものになりすぎてしまった感がある。
しかし、ここまでひきつけるのはさすがに宮部さんです。
ぐぐっと引き込まれて読みふけりました。
これは、シリーズとして続くんでしょうか。
続きそうな香りがそこはかとなく漂ってましたが、それもまたスッキリできなかった原因のひとつ。
あとは、ちょっとあれ?と思う所があって。
私の勘違いかもしれないので、書きませんが…。
もう一回読まなくちゃなぁ…。
読書(宮部みゆき) comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
comment










trackback url
トラックバック機能は終了しました。
trackback
現在読書中
entries
categories
comment
trackback
calendar
<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
profile
powerd
mobile
qrcode
My family
びびこ
三十路手前の専業主婦。趣味は読書。
現在子供たちに悪戦苦闘の毎日。
旦ちゃん
子煩悩な旦那さん。
家族のため日夜仕事を頑張っている。
マメタロ
我が家の長男坊。
2005年9月生まれ。
慎重派で心優しい暴れん坊。
パピコ
我が家の長女。
2007年9月生まれ。
大胆不敵な大和撫子。


*script by KT*
gremz
ブログパーツUL5