スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
深淵のガランス/北森鴻
大正末に活躍した洋画家の傑作を修復することになった佐月恭壱は、パリの町並の下に隠された別の絵に気が付くが…。花師と絵画修復師、2つの顔を持つ男が絵画の謎に迫る表題作と、その続編「血色夢」を収録。



ガランス【garance】
1 植物の茜(あかね)。2 茜色。やや沈んだ赤色。マッダー。



絵画を題材に扱っている物語である。

私はこうして絵画の話が少しでも出ると、どうしても漫画「姫」(あきひ・佐伯かよの作)を思い出してしまう。 私の絵画に関する知識のほとんどが「姫」から得たものである。(絵画に限らず知識の多くは漫画から仕入れたものなのだけど・・・)

この本では、絵画修復師が主人公だけあって専門的な(と私が感じる)内容がびっしりだ。そういう意味でも読んでためになる、というか「勉強した〜」と感じる作品だ。
北森鴻さんの作品にはそういうものが多く、読みごたえがある。重量感ある作品だ。
自然と読むとき力が入り、時間もかかってしまう。
そして読み終えたときの充実感と言うか、達成感は京極夏彦さんの小説と似ているかもしれない(読後感はそれぞれ違いますけどね。)

ストーリーそのものもさることながら、魅力的な人物が多く心引かれた。このシリーズ、続きそうなのでこれからも楽しみ。

そういえば、今回も北森鴻作品のいろいろなシリーズの登場人物の姿が見え隠れ(隠れてないか?)、北森ファンとしては嬉しいものです。


読書(北森鴻) comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
comment










trackback url
トラックバック機能は終了しました。
trackback
現在読書中
entries
categories
comment
trackback
calendar
<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
profile
powerd
mobile
qrcode
My family
びびこ
三十路手前の専業主婦。趣味は読書。
現在子供たちに悪戦苦闘の毎日。
旦ちゃん
子煩悩な旦那さん。
家族のため日夜仕事を頑張っている。
マメタロ
我が家の長男坊。
2005年9月生まれ。
慎重派で心優しい暴れん坊。
パピコ
我が家の長女。
2007年9月生まれ。
大胆不敵な大和撫子。


*script by KT*
gremz
ブログパーツUL5